自筆証書遺言でトラブルを避けるためには

遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つの方式があり、自分にあった遺言の方式を選ぶことが大切です。遺言者が遺言の内容、日付、氏名を自書し、これに押印することにより成立するのが自筆証書遺言です。

テクノロジー06

一番のメリットは手軽さにあります。費用をかけずに、いつでも、どこでも遺言者が一人だけで簡単に作成できることです。さらに、遺言の存在と内容を誰にも知られず作成でき、書き直す場合もそれを破棄して新しい内容の遺言書を自由に作成できます。反面その自由さが深刻なトラブルを生むことになります。自筆証書遺言は偽造や変造を防ぐために、法律で厳格な要件が定められています。遺言の全文、日付、署名のすべてが遺言者の自筆であることが必要でワープロや代筆は一切認められません。

 

また一字一句間違えずに手書きをしなければならないため多大な労力を費やし、作成年月日を忘れれば無効となります。また遺言内容の加除や訂正はできますが、その方式は厳格なもので注意が必要です。その他に遺言書を紛失したり発見されない危険性があるため、生前は発見されづらく、死後は確実に発見され、変造が行われない場所への保管が重要となります。

 

そのために信頼できる人に、自分の死後、相続人などに報告してもらうよう依頼しておくことが大切です。