存在を確認し偽造や変造を防止するための手続です

遺言書は、相続人達の遺産の分配を記したもので、その通りに遺産を分配しなければなりません。だからその遺言書に記載された分配方法に不満を持つ者が居れば、遺言書を偽造や変造するかもしれません。それで遺言書を発見した者または遺言書を保管している者は、被相続人が死去した場合は速やかに家庭裁判所で提出をしなければなりません。

提出すれば家庭裁判所で検認の手続きを取ります。封印された遺言書の場合は、相続人等の立会いの下、遺言書が開封されて検認を受けることになります。花火01

この時遺言書を見つけたと偽装して偽の遺言書を家庭裁判所に提出して検認させても意味が無いです。検認とは、相続人に対して遺言状の存在と内容を明らかにして、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名などを検認して遺言書の偽造や変造を防止するだけで、遺言書の有効・無効を決める場では無いです。

だから遺言書を見つけたと偽装して、偽の遺言書を検認させても、偽の遺言書の存在を教えるだけで、それを有効と認めるか認めないかは全くの別問題ということです。どっちにしろ本人の署名で無ければ遺言書は無効になりますから、偽の遺言書を作成しても全く効果がないです。つまり作るだけ無駄だということです。

コメントは受け付けていません。