保管方法は?

公証人役場に行って、遺言書の手続きが面倒だから、自分で遺言を作成し保管しておこうという人もいるかもしれません。その場合、注意しなければならないのが保管方法です。

–¼Ì–¢Ý’è-2
公正証書遺言の場合は、公証人が作成したときに正本をご本人に、原本は公証人役場で保管するため、正本を紛失した場合や正本が見つかった場合に誰かに改ざんされるといった場合の心配は必要ありません。作成時には手続き料がかかりますが、原本保管についてはお金は一切かかりません。また、全国遺言検索システムがあり、ご遺族が公証人役場を訪れ、亡くなられた方の死亡鵜を証明する戸籍謄本とご遺族の方と亡くなられた方との関係を証明できるものがあれば、亡くなられた方が生前に公正証書遺言を行っていたかどうかを調べることができます。

 
ところが自筆証書遺言は、自身の生存中は誰かに知られないように保管しなければならない反面、死亡時には遺言の存在がわかるようにしておかなければならないとあって保管方法が大変です。銀行の貸金庫に入れておき、万が一のときにはそれを読んでほしいと頼んでも、遺言書を取りに行った人が勝手に開封し、自分に不利な内容が書いてあったら中身を差し替えるということをしないとは限らないです。疑いだしたらきりがないですが、もめごとにならないとはいいきれません。

 
財産分与だけでなく、保管のことまで考えて遺言書は作成すべきです。

コメントは受け付けていません。