家庭裁判所に提出しましょう

遺言書の保管者や遺言書を発見した相続人等は、公正証書以外の形式の遺言書である場合には、すぐに遺言書を家庭裁判所に提出しなければなりません。そして、家庭裁判所では、相続人立ち会いのもとで、提出された遺言書を「検認」することになります。ちなみに、この家庭裁判所の検認とは、相続人に対して遺言の存在や内容を知らせるとともに、遺言の形状・日付・署名・その内容などを確認し、「遺言書の偽造・変造を防止するための手続」です。つまり、家庭裁判所で提出された遺言書自体が「有効なのか無効なものなのか」を判断するものでは無く、この検認手続の後に、相続人等が遺言書の内容について「無効である」という訴えをすることも可能なのです。温泉なお、この検認の手続は、被相続人=遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に対して申立する必要があり、裁判所への申立書に加えて、遺言者の出生から亡くなるまでの全ての戸籍謄本・相続人の戸籍謄本などが必要となります。そして、裁判所で検認を実施する前に、裁判所が検認をする日の通知を相続人に対して発送しますが、出席するか否かの判断は各相続人に任されており、出席しない相続人がいても検認手続は実施されることになります。

コメントは受け付けていません。