内容を秘密にしたい場合

遺言書は自分で書きたいが、内容は秘密にしておきたいという場合は、「秘密証書遺言」という方法があります。
遺言書の内容は公にせずに存在だけを証明してもらえる方法で、1万1,000円の手数料がかかります。
この方法であれば、自筆証書遺言のように「遺言が本物かどうか」という問題は起きませんし、公正証書遺言のように内容を知られてしまうこともありません。
作り方ですが、まず自分で遺言を書きます。プレゼント01
署名押印さえしておけば、パソコンで作った物でも大丈夫です。
出来上がったら、封筒などに入れて、遺言書に押印した物と同じ印鑑で封印をします。
その封書を持って、公証役場に行きます。
その際、二人以上の証人を連れて行く必要があります。
公証役場に着いたら、公証人に封書を提出し、「自分の遺言書であること」と、氏名と住所を告げます。
それが済むと、公証人が封書に必要事項を記入してくれるので、それを確認した後、証人と共に署名押印をすれば完了です。
ただし、公証人は内容まで確認しないので、内容に不備があれば、遺言が無効になってしまうこともあります。
ですから、どうしても内容を秘密にする必要がある場合以外は、公正証書遺言の方式で行ったほうが安全です。

コメントは受け付けていません。